スワップ(スワップポイント)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スワップ (スワップポイント) とは

スワップ(スワップポイント)とは「スワップ」と呼ばれていて

2つの国間の通貨を売買するFX取引において

金利の高い通貨と金利の低い通貨の間で生じる

国の金利での差を言います。

銀行に預けたほうがお金が増える国は金利が高く。

まったく増えない日本のような国は金利が低い国なので

低金利のスワップ国となります。

FXでは「安いときに買って高いときに売る

これが基本となりますが

スワップポイントは金利の違いによって発生する差額です。

なので日本のような低金利の国の通貨を金利が高い南アフリカなどに

交換して毎日金利の差額による利息が多く得られるようになるので

FXで得られるスワップによって毎日利子を貰い生活する人もいるので

日本ではスワップ狙いの投資をしている人もいます。

スワップポイントのメリット

ずばり毎日金利分利息が貰えるようになることでしょう。

FXはレバレッジというものが発生していて

1掛けたつもりでも25倍の額で取引がされているので

1日で貰えるスワップも多くなります。

スワップのせいで 1枚で 1日100円貰える貨幣なら

100枚買えば1日で何もしなくても1万円入ります。

毎日何もしなくても1万円です

株式投資とかでも会社に投資をすれば配当金というものが貰えるので

投資をしておけば金額は入ってきますが。

株だと年4回はや半年や1年の周期なので

毎日配当金が貰えるのは

FXの強みでしょう

スワップ狙いのデメリット

毎日に利子が入るのはメリットですが

FXは25倍の取引になっているので

少しの動きが25倍となってしまっています

実際かけた金額を25倍に(見せかけてトレード)しているのですが

1万円を25倍にしてトレードしているので儲けた時には大きくても

損してしまった時に1万しか金額を所持していない人間が

25万を持って居るわけではないので

支払うことは出来ません。

こういったことを避けるために(支払ないが出来ないこと)

日本ではFX業者が損をしないように

証拠金というものが設けられていてトレードする貨幣によって設定されていますが

その設定されている証拠金の値よりも

現在手持ちで使える金額から50%を割ると

FXでは業者が損をしないようにロスカットというのが勝手にされて

取引が止まっていしまいます

例をあげると 下のような状態になっていたとします。

〇〇通貨 必要証拠金

現在手持ち資産

現在必要証拠金維持率60%

5000円

3000円

2500円でロスカット

〇〇通貨を持つために必要なお金は5000円

5000円必要なはずなのに3000円しか持って居ない。

なので今の 証拠金維持率は60%

50%になると業者が損をしない為にロスカットというものが発生

自動的に決済。(あと500円貨幣の価値がさがると損している分が確定される

これがロスカットという物です

これは避けたいのですが

スワップが多い通貨は値下がりの可能性も高く。

大きな変動のせいでロスカットされてしまうことも多いので

注意が必要です

少しでも毎日お金が入ってくるようにしたいと感じてしまうので

それが逆に罠になって掛け過ぎて
証拠金が足りずに
ロスカットしてしまう初心者は多いです。

スワップ狙いの場合は基本は放置なので

絶対にロスカットしないような金額を入れることを心がけてください

毎日お金が貰えるためにそこに目が行ってしまい。

自分で扱えない額をFXに入れて一気に貨幣の価値が動いた時に損をしてしまったり。

してはまったく意味がないです。

例え貨幣の価値が下がっても
お?安くなったなじゃあ安いから買い足ししておくか

上のように 思い自分自身が管理できる 余裕の金額を入れるのが

放置でスワップ貰い続ける基本です。

10円でも20円でもいいんです。

いきなり毎日1万円なんて貰わないようにしてください

そんな事が出来たら世の中の人間みんながやってます。

安全にリスクなく美味しい話なんて無いです。

毎日安全に不労所得を貰うことが良いんです。

一番リスク管理が大事な投資がFX
自分の全財産100円で
100円の内の1円を掛けるなら安全と思っていても
25倍のレバレッジがついて
実際には25円掛けている状態になるのがFX

株とかなら現物なのでわかりやすいですが。
リスク管理がとても難しいのがFX

ポイント

実はスワップというのは国の差によって

金額は違うのですが

日本で扱う会社によっても金額が違っていて

おなじドル/円であっても 南アフリカ/円であっても

会社によって1日のスワップ額が違います。

また毎日手持ちにスワップが金額として入ってくるタイプのスワップと

決済した時に一気にそれまで預けて置いた日にち分の

スワップが入ってくる会社での違いもあります

スワップ狙いの場合は当然多いほうが良いので

1日で貰える金額がより多い会社でトレードをしましょう。

50円と60円で

会社で1日たった10円しか差がない会社の違いだとしても

1年だと3650円は違うのです・・

10ロットしてたら365000です

100ロットなら3650000円です

少しの差だと思っていてもスワップが狙いなら

ここは重要です

1000円単位だけどスワップ安いとかも色々なパターンありますね。

スワップに関しては会社で変更をして急に利子が上がったりすることもあるので

契約している会社を多くする人もいます。

Aの会社とBの会社を契約して両建てをして利息を得ながらトレードする人もいます。

証券会社で違いがあるのでそれを利用する人は違法ではないので賢いとは思います。

(使えるものは使う!)

それぞれ会社が扱っている通貨も違うし。スワップも手数料も違うし。

分かってくると有利な企業でトレードはしたくなると思うので

契約しても金取られるわけじゃないし

有利になって選択肢が増えるから

DMM.com証券くりっく365の2個ぐらいは登録しておいてもいいかもですね。

自分はリスクが高いFXは殆どやりませんが
この2個の会社のスワップ差で
放置してお金だけ貰ってます。
金額変わってもロスカットされなければリスク0だし
お金が必要な時は両方を決済して他に使います。

ほんと銀行利用です(笑)
日本の金利は低すぎる

コメント

タイトルとURLをコピーしました