FX(外国為替取引)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
FX&デモ

FX = 外国為替証拠金取引

(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは

証拠金(保証金)を業者に預託し

主に国と国による差額による通貨の差額の売買を行なう取引を言います。

一般的には「FX」と言われ

FXの意味は= Foreign eXchange = 日本語で外国為替の略です。

日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引

差金決済取引  (CFD) は区分されているが、実際は、日本の外国為替証拠金取引

差金決済取引の一種であるとされている。(税金分での区分など)

国と国の貨幣価値の違いなのでスワップと言うものもあります。

銀行での外貨預金との違い

銀行などで取り扱っている「外貨預金」があるんですが。

FXでは外貨預金と違い売買する外貨相当の日本円を入金する必要はなく

レバレッジという仕組みを利用することによって、

少額の資金(証拠金)で日本だと最大25倍の取引をすることができます

銀行での外貨預金では実際に外貨を保有することになるが

FXでは外貨をいちいち保有しなくていいのもポイントです。

銀行で米ドル預金をする場合、円を使って米ドルを購入するので

取引後は米ドルを保有することになります。

でも自分でネット環境があればやれるFXでは

「通貨を買って、別の通貨を売る」取引が行われるとして。

例えば、米ドルを買って円を売る取引を数量1行った場合は、

「米ドル/円」の買い(ロング)ポジションを1保有することになります。

⇧の状態なら⇩のようになりますね。

通貨ペア

USD/JP

買いなのか売りなのか

ロング

〇〇Lot(数量)

1Lot

逆にドルを売って円を買う取引を2行った場合は

「米ドル/円」の売り(ショート)ポジションを2保有することになります。

⇩のような状態です。

通貨ペア

USD/JP

買いなのか売りなのか

ショート

〇〇Lot(数量)

2Lot

外貨預金は一般の人が銀行に外貨を預ける現物と現物であるのに対して、

FXはA銀行がB銀行と通貨の取引をしたと考えて

世界中の インターバンク市場を利用してやる取引です。

24時間取引のFX

FXは、ネットワークでつながれた世界中の

インターバンク市場を利用して取引が行われているので

株式投資のように取引時間(立会時間)に制限はなく、

24時間(土日は抜かした)取引することが可能です。

FXでの利益の出し方

FXは買いも売りもどちらでもやれるので。

自分が思ってた方向を購入して

その方向で売れば利益となります。

買い(ロング)ならば

現在買おうとしている通貨100円としましょう

これは例なので今現在買おうとしているジュースが100円だと考えてもいいです。

100円でジュースを1本買っておきました。

それから1か月後たってみると

その購入したジュースが1か月後には110円になってました。

値段が1か月前より 10円 上がってますね!

100円で購入したものが一か月後に110円になったので110円で売れば10円の利益がでます。

逆に100円で購入したものが90円になってしまったら

売った時に100円で購入したものを90円で売ったら差し引き10円の損なので10円の損失ですね。

なおFXの買いの ポジション の事を「ロング」と言う人が多いです。

売り(ショート)ならば

現在買おうとしている通貨100円としましょう

値段が下がると思ったので100円で貨幣をを1ロット売っておきました

それから1か月後たってみると 1枚の価値が110円になってました。

最初に売りに出したのでいつかは買い戻さないとダメです。

日本では証拠金不足になって追加支払いがない状況や

証拠金維持率が50%を超えるとロスカットと言うものが行われて

自動的に買戻しなどが入ります。

300円だっとして200円損をするとしても自動で買戻しが入るのです

何とか乗り越えてその一か月後に50円になりました。

100円で売った貨幣だったので50円で買い戻せば50円の利益です。

これが売りですFXでは売りのポジションの事を(ショートと言います)

投資のでのFX

レバレッジ25倍が通常のFXでは
通常の金銭感覚でのトレードは難しいです。

95%の人が高確率で退場する。
ハイリスク、ハイリターンな、とても難しい取引です。

勉強するとリスクを下げてトレードすることは可能です。

ただし勉強をしたとしても一番難しい投資ではあると思います。

投資は自己責任。

無理のないトレードを心がけてください。

初心者におすすめは、ゲームでも同じみDMM

そのままサイトに入って登録で最大2万円のキャッシュバックも入ります。

DMM.com証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました