不動産投資

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産投資

不動産投資は不動産を購入という形の投資のことです。

不動産を購入するときにお金を投じる見返りに、家賃を貰う。

これが、不動産投資の基本です。

不動産投資は価格の変動がほぼなく毎月安定した家賃収入が得られるメリットがあるので

不動産投資は比較的、手堅い投資と言われています

しかし不動産投資も入居者の需要がなければ家賃収入を得ることが出来なくなるので

そこぐらいが欠点ですね。

資金がなくても、不動産投資は実は始められる。

不動産を購入するときに

金に余裕がないとできないというイメージがあると思います。

実は購入に住宅ローンを利用することができ、

毎月決められた額を返済していけばよいため家賃を払っている人は

その支払いと同じ金額分で不動産を購入して利用も出来ちゃうのです。

つまり物件を現金で一括購入するだけの資金を持っていない人でも

不動産投資をは出来ちゃうのです。

実際にローンを利用して不動産投資をしている人が一番多く

副収入を得たいサラリーマンなどがローンを活用して不動産投資をやってたりもします。

もちろん、審査に通らなければローンを組むことはできませんが、

金融機関が初期費用を出してくれるのは

不動産投資以外ではほとんど見られません。

条件はその人の環境によって変わってくるのでわかりませんが。

資金に余裕がないからといって諦める必要はないと思います。

不動産投資の収益

実は家賃を貰う仕事が不動産投資と思っている人も多いくないと思いますが。

不動産投資では、「売却益」と言う物も貰えます。

簡単に言うと売った時の値段です。

3000万円のアパートを買って4000万円で売却することができれば

「1000万円の“売却益”」を得ることになります。

不動産価格が上昇傾向にあるときに大きな利益が生まれる傾向があります

一方、全10部屋あるアパートを購入して1部屋5万円で貸し出し、

全ての部屋に入居者が入れば毎月50万円の収入となり

、「年間で600万円の家賃収入」が得られます。

貸した家で家賃を貰う=「運用益」という方になります。

基本的にはこの2つの利益が見込めますが、

不動産価格が常に上昇するとは限らないので、

売却益よりも運用益の方が重視される傾向にある。

「しかし!」成功するには購入するときに

いくらで売れるか?ここも重点的に考えて不動産は購入すると失敗がないようです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました