お金の勉強会⑬投資家とトレーダーの違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資家とトレーダー

投資とギャンブルについて過去に学んだと思います。
キャピタルゲイン・インカムゲインで儲け方の違いについても説明しました。

今回は混同されがちだけど
投資家とトレーダーって違いを説明します。

【判断基準】

投資家
は価値に対して価値を生み出して
投資家は明日の価格は重視しておらず、
将来的に価値が上がると考えれば買います。

自分の場合は自分の所得を増やす目的で、
ETFなどを使い
未来にお金が増える事を考えて
それを複利の力でお金の増やしているので
投資家と言えるでしょう。

トレーダー
は価格を重視していて
将来的な価値は重視しておらず、
瞬間的にでも価格が上がると考えれば買います。
トレーダーはギャンブルと混合されがちですが
たとえば自社株を買いますと
ニュースで発表があった時。
上がるのがわかって居るから買うなど
自分の情報力で世の中に乗っかります。
全ての金額をぶち込むなど無理な事はせず。
安全にお金を増やしていく人も
多いのがトレーダーです。

全てのニュースや情報を熟知しているわけではないが。
お休みの時に自社株買いや

その他の発表があって確実に上がりそうな
場合は自分もトレードをします。
確実に上がりそうであっても資産の20分の1など
そこに全額を掛けないようにする事は心がけています。
100で買って50まで下がってもそれならナンピン出来るし。
90%以上成功率の高い取引で
万が一失敗しても10分の1しかロスが無ければ
いくらでもやり直せますしね(笑)

上がりそうだから・・・
下がりそうだから・・・
そんな意思決定では無いことも
トレーダーとギャンブラーとの違いです。

投資の格言で噂で買って事実で売るて言葉もあるので。
売り時はトレードの場合は欲張らないでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました