ドルコスト平均法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資

投資の世界でもっともポピュラーで負けにくい投資方法。

ドルコスト平均法とは一定金額

同じ投資対象の商品を買い付ける投資方法のことである。

たとえば、毎月同じ日に、2万円ずつSPYDとう商品を買うとしよう。

1月は

上がったとしても2万円分だけかうと1.9個買う事が出来た。

値段が高くなったので先月より少い数の購入の1.9個だった

次の月2月はSPYDの価値が

下がったので2万円分を分買うと2・1個買う事が出来た。

安くなったので同じ2万でも先月よりも2.1個多い数を購入することが出来たのである。

ドルコスト平均法の利点

なぜドルコストが負けにくいと言われる投資方法なのか?

やすい時には多く買って。

価格が高い時には少なく買う。

この動作をすることによって。

現在の価格の値動きの

価格の平均値を目指してて動く事になるからである。

移動平均線というものは覚えているだろうか。

価格には平均値が存在して

大きく一気に変動すると今度はそこから

平均に向かって動くもの

ドルコスト平均法をやることによって

自分が投資している商品

価格の平均値に近づけることが出来るからである。

価格が安いものなら1個当たりの単価が

ドルコストをやることによって安くなり。

自分の買っているものが相場に合わせた価格になる。

ドルコスト平均法の弱点

同じ投資対象の商品を買い付ける投資方法 。

ここが重要である。

いずれ上がる見込みがありそうな

インデックス投資なら

インデックス投資が分散投資になっているので

そこで相場に合わせて平均値も持っていくことが出来たら

リスクも小さいだろう。

ドルコスト平均法とは

同じ投資対象の商品を買い付ける投資方法なので

株式投資だとして

潰れると噂の会社に投資していたとする

ドルコスト平均によって

100円だったものが20円になると

ドルコスト平均方で安くなったから

多く購入できるて相場どうりに

自分の持ち株も大量にはあるが

1枚30円ぐらいの価値になる

次の年もそのままドルコストで

買った事によって相場どうりの価格に

自分の株券で1枚の価値が近寄って

相場の20円に近い22円とかまで持ち直した。

ちょこっと相場があがるだけでこれならプラスである

そう思っていたら会社が潰れた

ちょっとあがったら利益・・

そう思っていたら会社が潰れた。

潰れたので株式投資の場合は

投資していた金額はすべて無くなって0円です。

ドルコストの弱点は1個に対する投資なので。

そこが崩壊すると救えないのが弱点です。

自分が信じた会社に入れるなら良いです。

それならば後悔も無いでしょう。

そういう物もなければ、さらにリスクを減らすために

インデックス投資など

経済の全体にやったほうが安全ではあると思います。

相場の価格平均にゆっくりと近付ける行為が

ドルコスト平均法そこが利点なのです

インデックス投資

分散投資

ドルコスト平均法

価格の平均値

金銭管理

安全な資金の投資

3つを極めるとお金が増えるだけの人間になります。

増える量は少ないかもしれませんが増える事が大事なのです

自分の資金が増えていくと

大きかった1万が、小さな1万に見えてくるようになります。

こつこつ増やすのが投資で一番大事なスキルなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました