2000万問題

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資

2019年の6月に報告があがっていて一斉を風靡した案件

老後資産2000万円問題

金融庁が個人の資産形成を促す報告書

老後資産が2000万円不足するとの試算を示した

これは本当の報告書である。

単純計算と日本の経済

収入を年金のみに頼る無職世帯の老人では、

人生100年時代と呼ばれているこの時代

年金をもらい始めてから

20~30年間の老後を生きるために

約2000万円の老後資金が必要になると

冷静に計算をして本当の事を伝えました

総務省などが実施した調査によると、

夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職の世帯における

平均的な実収入は月額平均が約21万円

消費支出は今後の時代は

税金の金額が上がるのと

保険料もことも考慮して

ひと月で26万4,000円になると予想しました。

つまり差し引き

毎月約5万円の赤字が出ることになります。

30年間で、5万円×12カ月×30年=1,800万円の赤字が出る計算です。

この赤字分は各家庭の貯蓄から補填する必要があるだろう

みんながこの問題を解決をするには、

こうした方が良いと具体的な解決案まで提示して

報告をしたのが報告書に書かれた内容でした。

騒がれた世間、財務省が伝えたかった真実

世の中の日本の人間は2000万ないと生きていけない!!!

たいへんだーーーー! 」

手取り14万しか無いんだけど。

どうするの?

こんな事が騒がれるようになって一斉を風靡しました。

えーと・・・・ほとんどの人が悪いところだけに注目をしました。

財務省も伝えてある内容なのですが。

財務省は投資をしましょうと伝えたかったのです。

投資というのはお金が勝手に増えます。

働かなくても増えます。

お金が勝手に増えるのです!!!

財務省は投資をしましょう。

国が言いたかったは

で も 投資は

短期間の投資では

ギャンブルと同じです。

積み立てで投資をしましょう。(ドルコスト平均法

積み立てをするにも

税金が取られない

ニーサと言う制度も国が用意がしてあるので。

これを使って税金が取られない条件で

最も効率良く。

時間を味方にすれば

お金が増えるので

日本ではなく全世界

海外に投資をしましょう。

と伝えてましたね。

全部が、自分が勉強で得た

知識を完結にわかりやすく伝えてある

とても良い報告書でした。

月々33,333円を20年間積み立てた場合

投資運用する型式
全体の利率

国内株式
 利率1.43%

先進国株式
 利率2.63%

新興国株式
 利率3.67%

米国株式
 利率3.84%

全世界株式
 利率3.62%

評価額
.

日本
10.627.085円

先進国
13.445.353円

新興国
16.449.307円

米国
16.997.272円

全世界
16.291.362円

増えた利益
.

日本
2.627.165円

先進国
5.445.433円

新興国
8.449.387円

米国
8.997.352円

全世界
8.291.442円

米国が世界のトップです。

時代ていうのは電話機1個をとっても

黒電話のダイヤル時代から

プッシュ電話になり

携帯電話が登場して

その携帯電話も現在ではスマホになり

通信の媒体も

1G→5Gまで成長を遂げました。

電話機だけの事ではないですが。

世界を見渡した時に経済というのは常に成長をします。

米国が世界のトップをずっと進んでは居ますが。

変わるかもしれません。そして

日本と言う国は世界の成長から遅れている国なので

給料の上昇もなく経済も発展が遅いです。

でも時代というのは進むものなので。

日本に投資をしてもお金は増える事は増えます。

でも日本だけに目を向けないで

リスクを取らないために

全世界に目を向けましょう

そしてお金を増やしましょう。

これが国が言いたかった事

自分も同意見です。
日本だけじゃなくて回りを見ましょう!!!
国も言っている勉強しても答えは一つ

投資はしよう

NISAは全部の証券会社が扱ってます
使いやすさのアプリなどは随一DMM.com証券
去年からブームTポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】
昔からの大手松井証券
ジャンプを押すと「サイトに進む」が表示されるので
公式ページに進んだら好きな証券会社と契約してください。
生きてる時間でお金を増やしてないのは勿体ないから取りあえず投資はやっとけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました