お金の勉強② 不労所得を得る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資

不労所得とは?

投資と言うのは
お金に仕事をさせる行為です!

お金が仕事をするので
労働系の仕事などの違って

自分自身は何も疲れません
不労所得とは、働くという行為をしなくても
得られる収入のことです。

不労所得は
労働と言う行為を
行わず得られる収入

なぜ不労になるのか?

自分自身が
「経営者になって。」 
「お金さん」という名前の
「社員に仕事を与え動かしている」
不労で利益が得られるのです。

お金さん ⇒ 仕事を与える

お金と言う物は色々な事で運用が出来ます。
使うだけの紙幣ではありません

投資は自己責任

〇〇さんが言ってた間違いない!!!

投資というのは自分が考えた
お金の運用です

自分がお金と言う社員を動かす事
それはイコール経営者
なので

責任も全部が自分自身にあります。
投資を勉強するとすぐに言われる言葉
「投資は自己責任」

これは誰に
何を言われたとしても
決めたのはお金を働かせている
「経営者の自分」
ですよと言う意味です。

人生がガラリと変わる不労所得

実際には「社長」と言っても
「経営者」と言っても
物凄い大きな金額がかかるわけではなく。

やる投資によって
金額は変わってきます

でも仕事しか、してなかった人は
自分の人生すべてをガラリと
変えるぐらいに。
大きな変化
不労所得が得られるのです

不労所得とは
自分が働かなくても得られる報酬です。

なぜそんな事が出来るのか?
自分の身体や時間ではなく。

お金が貰えるのか?
今までの人生で仕事しかしてない人には。

この言葉が一番分かりやすいかもしれません。
投資と言うのは「社長の立場になる行為」だからです。

経営者になるからです

働く側の社員という奴隷ではなく。
自分が社長だからです
使われる側の人間じゃないのです。

自分が社長だから、社員に働かせてお金が入ってくる。

お金のなる果実

お金という何人もいる社員に仕事を与え。
自分は何もせず報酬という果実を貰います。

これが投資による一番の利点
不労所得なのです。

まぁ実際には不労所得は
一瞬で貰うことは出来ないので

「お金のなる木で実る果実」
と思ってください。

例えばこう考えてください

100万円というお金で
1名の社員を雇いました。

その社員に仕事を与えました。

100万円さん(仮)は
雇ってもらったので

1年間で5万円の所得を上げる事ができました。
5年間で25万円の貢献をすることができました。

20年間で100万円会社に貢献することができました
25年間で125万円貢献することが出来ました。

25年間で100万円さんは
ついに自分が雇ってもらった時の
100万円を超えて
毎年せっせと仕事して
会社にいっぱい貢献してお金をくれました。

100万円さん(仮)を
他社に身売りしようと考えて
価値を見ると120万に育ってました。

使えなくなったら辞めて貰おうと思ってますが
使える限りは100万円さんにはまだまだ
働いて貰おうかと思ってます。

不労所得のイメージなのですが
人間と違って疲れる事はないので
ほんと会社経営と同じなんですよね

投資はお金がなる木での果実と同じ。
果実と考えれば
植えた苗と言うものは、基本的には
実がなるまで捥ぎ取ることは出来ない。
木は腐るまではずっと収穫も取れる。

不労所得をわかって
貰えましたでしょうか?
不労所得とは基本
長い期間仕事と同じように
お金に働かせて

自分は動かず収入と言う
お金の果実を貰う行為

不労所得なのです。

投資には種類がありますが
それぞれ利率があり

実るお金もリスクも違います。

お金の勉強会③ お金に対する考え方
著者「金持ち父さん 貧乏父さん」投資に対する考え方で有名な著者はロバート・キヨサキ。本の内容を習得できるキャッシュフローゲームというボードゲームを開発した人物。本人も投資家だったが。1994年に47歳でビジネス界から引退し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました